FX/為替のヒストリカルデータ統計戦略【2019/08/26(月)】

アイキャッチ 為替の記録/Record
スポンサーリンク

2019年8月26日(月)

 

当ブログ掲載のデータについて

このページに掲載している表や数字は、FX会社が提供しているヒストリカルデータを収集して、当ブログ管理人である『ぴんたぷったん』が独自にまとめたものです。

 

 

▼2019年7月のトレードプランと統計の結果です▼

FX/為替のヒストリカルデータ統計戦略【7月の結果】
2019年7月のドル円(為替/FX)のヒストリカルデータや、一定期間のデータに基づく統計の結果を掲載しています。傾向や流れを掴んでご自身のトレードの振り返りやトレードプランにご利用ください。

 

ドル円/USDJPY:前日のヒストリカル表

※前日のヒストリカルデータを1分単位で記録した表です(1000通貨単位での記録です)

0823_ヒストリカルシート

↓トレード手法はどうする?↓

ドル円 / USDJPY:ヒストリカルまとめ表

0826_トレードプランシート

↓売り・買いどっちから?↓

 

ドル円 / USDJPY:チャート

20190826chart1

週足:見た目が少し変わりました。先週から何が変わったかと言うと、ローソク足の色を少し見やすくするために色を明るくしました。また、ツールで新たにZigzagとGMMAを取り入れました。Zigzagは黄緑色の実線にしており、高値と安値を線で結んでいます。GMMAはピンクと水色の集合線です。長期線=ピンクの6本、短期線=水色の6本。収束や反転を分かりやすくするために、各色1本だけ線を太くしています。

 

日足:上がった場合でも②フィボナッチ38.2%付近orGMMA長期線(ピンク集合線)の下限で反落する可能性アリ。③フィボナッチ0%を超えて下がった場合は下げ止まるまで追随。基本は買いで入りたい。

 

20190826chart2

 

1時間足:⑥フィボナッチ38.2%付近ではポジションを軽くしておきたい。⑤のローソク足がスパイクローとなっているので反転して上がることが期待される。基本は買いから入りたい。

 

15分足

 

※あくまでも個人的な学びのための試験的なシナリオ予想です。何の保証もないです。後にコンテンツの充実に活かせればと考えています。

 

↓利益・損失はどれくらい?↓

FX為替 - みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング]

 

Leave me a comment on my Twitter @0pntptn0 and let me know what you think.

コメント

タイトルとURLをコピーしました